お知らせ

Bacardi Founder’s Select

バカルディーラムが薄いスリムボトルだった、
それを知る人も、もう少なくなっただろうか。

古い酒飲みやバーテンダーにとっては、
このバカルディーのボトルは実に懐かしい。

初めて飲んだダイキリやキューバリバーも、
このスリムボトルのラムだったのではないか。。

ボトルと向き合うと色んな事が思い出される。。

バカーディ?バカルディー?

ジャーディンワインズ・アンド・スピリッツ時代、
「バカーディ」と英語的に呼ぶことも普通であった。
当時のボトルのバックラベルにもそう表記されている。

その後、正規代理店がイー・エス・ジャパンとなり、
このスリムボトルは通常のトールボトルに変わった。
その頃、90年代中〜後半くらいだろうか、
呼び方がバカルディーで一般化していったように思う。

(下記の写真はのイー・エス・ジャパン時代のスペリオール)

ボルスカヤもフィンランディアも当時物、
ラベルやボトルに現行品が失ってしまった、
どっしりとした風格とテイストがある。

ウィスキーと比べると値上がりの期待は皆無、
しかし、こういった愛しきボトル達も、
大切にしていきたいもの。。

いつの日か、当時の仲間と飲んでみたい。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Call Now ButtonCall Now