お知らせ,  お酒の話,  キネマ倶楽部

『王になろうとした男』 でご紹介するお酒

『シネマに酔狂』

バーテンダーが語る映画とお酒の話

毎回、映画にちなんだお酒をご案内しております。

今回の作品『王になろうとした男
でご紹介する銘柄は、

 アレキサンダー(カクテル)<¥700>
ボンベイ・トニック(カクテル)<¥500>

<第44回 Bambooキネマ倶楽部>
作品『王になろうとした男』1975年米英
日時/2020年10月25日(日)5PM〜
場所/BAR bamboo JR柏駅東口
参加費/¥1200(1ドリンク付)

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/375379070304200/

監督 ジョン・ヒューストン
脚本 ジョン・ヒューストン
グラディス・ヒル(英語版)
原作 ラドヤード・キップリング『王になろうとした男』
製作 ジョン・フォアマン(英語版)
出演者 ショーン・コネリー/マイケル・ケイン
音楽 モーリス・ジャール
撮影 オズワルド・モリス

映画から導かれたお酒の世界へ楽しみは勿論、
お酒の興味から映画の世界へと繋がって頂ければ幸いです。
開催後の解説はお馴染みのお酒のコラムにて。

〜これまでに紹介した作品とお酒〜

第一回『アンタッチャブル』1987年米国
『カナディアンクラブ』(カナディアンウィスキー)
『ジェムソン』(アイリッシュウィスキー)

第二回『ニキータ』1990年仏
『テタンジェ・レゼルヴ』(シャンパン)
『マルティニ・ロッソ』(イタリアンベルモット)

第三回『ウエストサイドストーリー』1961年米国
『Rum & Coke』『Cuba libre』(カクテル)
『ズブロッカ』(フレーバーウォッカ)

第四回『Contact/コンタクト』1997年米国
『アードベッグTEN』(シングルモルトウィスキー)
『宇宙焼酎 ジャミラ』(芋焼酎)

第五回『Pulp Fiction/パルプフィクション』1994年米国
『デュワーズ・ホワイトラベル』(ブレンデッドスコッチウィスキー)
『カルーア・コーヒーリキュール』(リキュール)

第六回作品『死刑台のエレベーター』1958年仏
『クローネンブルグ』(ビール)
『ボランジェ スペシャル・キュヴェ・ブリュット』(シャンパン)

第七回作品『リトル・ミス・サンシャイン』2006年米国
『コロナビール』(ビール)
『ミモザ』(カクテル)

第八回作品『ショーシャンクの空に』1994年米国
『フォア・ローゼス・ブラック』(バーボン)
『ストーン・ビール』(アメリカンビール)

第九回作品『ブレードランナー』1982年米国
『ジョニーウォーカー・ブラックラベル12年』(ブレンデッドスコッチ)
『スミノフ・ブラック』(プレミアムウォッカ)

第十回作品『花様年華』2000年香港
『ホワイトホース12年』(ブレンデッドスコッチ)
『貴州茅台酒(マオタイ酒)』(中国白酒)

第十一回作品『ゴッドファーザー』1972年米国
『プリンシぺ・ディ・コルレオーネ・クラッシック・イル・ロッソ』(イタリアンワイン)
『ゴッドファーザー』(カクテル)

第十二回作品『裏窓』1954年米国
『クロ デュ シャトー ド・ピュリニー・モンラッシェ 2012』(ブルゴーニュ白ワイン)
『クルボアジェ・プルミエ』(コニャック)

第十三回作品『タンポポ』1985年日本
『ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン・イエローラベル』(シャンパン)
『キリン・ラガー・ビール・中瓶』(ビール)

第十四回 作品『ミッドナイト・イン・パリ』2011年米国/仏
『モエ・エ・シャンドン・ブリュット・インペリアル』(シャンパン)
『ウィスキーサワー』(カクテル)

第十五回 作品『わたしを離さないで』2010年英国
『ピムスNo.1』(イギリスリキュール)
『福寿』(日本酒)

第十六回 作品『ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブ』1999年米国/ドイツ
『ハバナクラブ7年』(ダークラム)
『ダイキリ』(カクテル)

第十七回 作品『男はつらいよ』1969年〜1995年日本
『サッポロラガービール』(ビール)
『サントリー角瓶』(ウィスキー)

第十八回 作品『ル・アーヴルの靴みがき』2011年フィンランド/仏
『カルバドス・ブラー・グランソラージュ』(カルバドス)
『フィンランディア』(ウォッカ)

第十九回 作品『ミリオンダラーベイビー』2004年米国
『ミリオンダラー』(カクテル)
『タラモア・デュー』(アイリッシュウィスキー)

第二十回 作品『ファーゴ』1996年米国
『ディーゼル』(カクテル)
『ミラー ジュニイン ドラフト』(ビール)

第二十一回 作品『サイコ』1960年米国
『ゴッドマザー』(カクテル)
『ブリュードッグ ココア・サイコ ・ロシアン・インペリアル・スタウト』(ビール)

第二十二回 作品『サムライ』1967年仏伊
『純米原酒 侍』(日本酒)
『サムライ』(カクテル)

第二十三回 作品『バック・トゥ・ザ・フューチャー』1985年米国
『バドワイザー』(ビール)
『アーリータイムス・イエローラベル』(バーボン)

第二十四回 作品『ミッドナイト・ラン』1988年米国
『ポルフィディオ・アネホ』(テキーラ)
『シーグラム7クラウン』(ウィスキー)

第二十五回 作品『情婦』1958年米国
『マレーネ・ディートリッヒ 』(カクテル)
『 シュリヒテ・シュタインヘーガー』(ジン)

第二十六回 作品『戦国自衛隊』1979年日本
『川中島 純米にごり酒』(日本酒)
『越乃景虎 龍』(日本酒)

第二十七回 作品『シャイニング』1980年米英
『ジャック・ダニエル』(テネシーウィスキー)
『レッドラム』(ラム)

第二十八回 作品『ベティブルー』1986仏
『テキーラ・ラピド』(カクテル)
『パスティス51』(リキュール)

第二十九回 作品『お嬢さん』2016年韓国
『赤玉スイートワイン』(ワイン)
『ホワイト・レディー』(カクテル)

第三十回 作品『椿三十郎』1962年日本
『赤椿』(芋焼酎)
『ホワイトホース・ファインオールド』(ウィスキー)

第三十一回 作品『E.T.』1982年
『ブルームーン』(カクテル)
『クアーズ・ビール』(ビール)

第三十二回 『ハンナ・アーレント』2012年独仏ルクセンブルク
『 ニューヨーク』(カクテル)
『ヤルデン・マウントヘルモン・レッド』(ワイン)

第三十三回『AKIRA』1988年日本
『 ハイ・ニッカ』(ウィスキー)
『オリンピック』(カクテル)

第三十四回 『サウンド・オブ・ミュージック』1965年米国
『エーデルワイス・スノーフレッシュ』(ビール)
『サウンド・オブ・ミュージック・マルコヴィッチ』(ワイン)

第三十五回 『ニュー・シネマ・パラダイス』1988年伊仏
『サラパルータ・コルヴォ』(ワイン)
『パラダイス』(カクテル)

第三十六回 『カジノ』1995年米国
『カジノ』(カクテル)
『マティーニ』(カクテル)

第三十七回『ポンヌフの恋人』1991年仏
『アレキサンダー』(カクテル)
『レ ・パリ』(ワイン)

第三十八回 『フィッシャー・キング』1991年米国
『ジャックダニエル』(テネシーウィスキー)
『クエルボ・ゴールド』(テキーラ)

第三十九回『細雪』1983年日本
『白雪』(日本酒)
『 オールド・パー』(ウィスキー)

第四十回『ストレンジャー・ザン・パラダイス』1984年米国/西ドイツ
『バドワイザー缶』(ビール)
『 ジャック・ダニエル』(ウィスキー)

第四十一回『サスペリア』1977年伊
『アイリス』(カクテル)
『ヘックスフォン・ダーゼンシュタイン・シュペートブルグンダー』(ワイン)

第四十二回『八月の鯨』1987年米国
ジム・ビーム(バーボンウィスキー)
エメラルド・クーラー(カクテル)

第四十三回『フレンチ・コネクション』1971年米国
『フレンチ・コネクション』(カクテル)
『リカール』(パスティス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Call Now ButtonCall Now